お腹イメージ

食物繊維で便秘解消!

食物繊維で便秘になる?
現実問題、便秘で悩んでいる方が、多くいらっしゃいます。
この便秘を解消するためには、どうすればいいかという事になります。
口から食物を入れて、栄養分を吸収して出す。
これを、毎朝スムーズにスッキリさせるには、どうすればいいか?
ここでは、食物繊維とデドックスウォーターについて、少しお話しします。
食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がある?
ご存知の方も、いらっしゃるかと思いますが、食物繊維には、
水溶性と不溶性があります。
便秘解消には、この両方をバランスよく、とる必要があります。
どちらかに片寄ると、逆に便秘になったりもします。
便が硬くなったり、柔らかくなったりします。
水溶性食物繊維の多い食べ物
食物繊維の多い食べ物の、水溶性と不溶性の見分け方は、簡単に言えば、生で食べれて、
水分の多い物が水溶性です。
例えば、納豆、こんにゃく、寒天、春菊、山芋、海藻類、アボカド、おくら、かき、
もも、ゆりね、あしたば・・・などです。
不溶性食物繊維の多い食べ物
逆に、熱を加えないと食べられない、水分の少ない物が不溶性です。
例えば、いんげん豆、ひよこ豆、あずき、大豆、おから、ごぼう、芋類、きのこ類、
切り干し大根、小麦ふすま、干し柿、アーモンド、穀類・・・などです。
この食物繊維の割合は、水溶性を1とした場合、不溶性は2の割合がいいようです。
まぁ、そこまで、神経質になる必要は、ないと思いますが、
水溶性と不溶性の両方の食物繊維を、とるようにしましょう。
食物繊維の摂取量が足りない?
日本成人の1日の食物繊維の摂取量は、
男性で20g以上、女性で18g以上です。
ところが、その摂取量に達していないのが現状です。
野菜やサラダをとったから、食物繊維はとれていると、
自分自身で思っているに過ぎないと思います。
少しでも、野菜をとったら、充分に食物繊維をとったような、
気分になっているのが現状だと思います。
食物繊維は、葉野菜よりも根野菜に、多く含まれています。
肉や魚が3に対して、野菜や果物が7の割合が理想か?
肉や魚を中心より、食物繊維の多い食材を中心にした食事に、
替えた方がいいかもしれません。
現在は、欧米型の食生活が中心に、なっていると思います。
やっぱり、日本人は日本人に合う食事が一番だと思います。
いゃー、みそ汁に漬物、それに魚の干物、いいですね。
そして、割合からいいますと、肉や魚が3に対して、
野菜や果物が7の割合が、理想だと思います。
和食で、健康を取り戻したいものです。
溜まったものを押し出す、レモン水?
現在、便秘で悩んでいる方は、これを試されるといいと思います。
ちょっと、冷たーい500mlは、きついかもしれませんが・・・
それは、レモン水(デドックスウォーター)です。
これを飲むと、2時間後に出る方もいるようですが、
人によって個人差があります。
下記が、その材料です。
  冷たい水  :500ml
  ヒマラヤ岩塩:小さじ1杯
  レモン果汁 :1個分(約30ml)
出来上がったら30分以内に、飲むようにしてください。
(味が濃くて飲めない場合は、量を調整してください。)
便秘になった、お腹をレモン水で、押し出す感じです。
便秘症は遺伝?
便秘は、持って生まれたものでは、ありません。
それに、遺伝もしません。
生活習慣が主な原因です。
なので、改善・解消できます。
便秘の悩みは、食生活を変えるだけでも、解消できるし、改善できます。
全ての根源の大元は、食事にあると思います。
欧米型の食事を、日本本来の和食に戻すだけでも、変わると思います。
例えば、道路を工事していて、渋滞になっているようなもので、
工事が終われば、スムーズに流れるようになります。
それとか、毎回、赤信号で走行がスムーズにいかなくても、食べ物や食べ方を替えたり、
運動をするだけで、赤信号から青信号に変わったりするものだと思います。

   スポンサーリンク

書籍のご紹介

その便秘治せます! ――女医が教える

テレビ、雑誌など各メディアで活躍中の山田麻子先生が教える美腸=美肌美人のススメ。薬いらずの生活へ、みるみる便秘が解消。うんち手帳付き。
その便秘治せます! ――女医が教える

2週間で腸が若返る! 美腸ダイエット

人気便秘外来の美女医考案のスーパーダイエットを初公開!美腸ダイエットとは、野菜と果物を組み合わせたヨーグルトスムージーを2週間続けるだけの簡単ダイエット。
2週間で腸が若返る! 美腸ダイエット


  

ページ上に戻る

クレジットカ—ド 安全性