お腹イメージ

お腹に溜まる悩み!

食物繊維で便秘解消?
便秘解消は、食物繊維たっぷりの食事と運動が大事だと思います。
出して食べるは、人間や動物、生き物に必要な体内で発生する自然な現象です。
生き物は、体を維持し、成長・活動をする為には栄養分と水分が必要になります。
その栄養の元となる、栄養分は体外から取り入れます。
主に肉・魚・野菜・果物などを体内に取り込んで、栄養分を吸収します。
栄養分を吸収した残りかすが、便として体外に排出されます。
例えば、スポンジに栄養をしみ込ませたものを、体に取り込み、栄養分だけを体が吸収し、必要としないスポンジをカスとして外に出すようなものです。
この現象が、スムーズに行なえれば問題はないのですが、そのスポンジのカスが体内にたまってくると便秘という現象になります。
この現象で、困っている方がいらっしゃるのも事実です。
生き物は、この現象が当たり前なのか?
それとも、無駄な行為なのか?
それとも、食べ物が悪いのか?
と、言う考えにもなります。
もし、このスポンジをなくして、カスの出ない栄養分だけを、体内に取り入れたらどうなるのでしょうか?
こんなことを、ふと思ったりもしませんか?
毎朝、便がスッキリでるのか?
出ないのか?
心配しなくても済みます。
この排便という行為が、生き物に絶対必要な物なのか、その辺りは、良く分かりません。
食べ物を食べる以上、そうなるのは分かります。
ただ、出しても極力、少なくて済むほうがいいし、回数も、3日に1回とか、1週間に1回とかの頻度になれば、うれしいとおもいませんか?
しかし、これだけは言えます。
食べなくても、便は出ます。
この場合は、栄養分となる食物を体内に取り入れていないので、栄養分の代わりに筋肉や脂肪を燃焼して体を維持させようとします。
その筋肉や脂肪を燃焼させたカスが便として出ます。
ですので、筋肉や脂肪を燃焼させずに、カスのでない必要な栄養分だけを、体に取り入れたらどうなるのだろうと、つい思ってしまいます。
カスの出ない栄養分だけを、造る技術も必要になるでしょうね。
もし、そうなると、肛門さまは、おならを出すだけの存在になるのかな?
なんて・・・?
まぁ、ガスや濃霧のような、ぼゃーっとした夢物語として、聞き流してください。
現実問題、便秘で悩んでいる方が、多くいらっしゃいます。
この便秘を解消するためには、どうすればいいかという事になります。
口から食物を入れて、栄養分を吸収して出す。
これを、毎朝スムーズにスッキリさせるには、どうすればいいか?
ここでは、食物繊維とデドックスウォーターについて、少しお話しします。
ご存知の方も、いらっしゃるかと思いますが、食物繊維には、水溶性と不溶性があります。
この両方を、バランスよくとる必要があります。
どちらかに片寄ると、硬くなったり、柔らかくなったりします。
水溶性と不溶性の見分け方は、簡単に言えば、生で食べれて、水分の多い物が水溶性です。
納豆、こんにゃく、寒天、春菊、山芋、海藻類、アボカド、おくら、かき、もも、ゆりね、あしたば・・・など。
逆に、熱を加えないと食べられない、水分の少ない物が不溶性です。
いんげん豆、ひよこ豆、あずき、大豆、おから、ごぼう、芋類、きのこ類、切り干し大根、小麦ふすま、干し柿、アーモンド、穀類・・・など。
この食物繊維の割合は、水溶性を1とした場合、不溶性は2の割合がいいようです。
まぁ、そこまで、神経質になる必要は、ないと思います。
日本成人の1日の食物繊維の摂取量は、男性で20g以上、女性で18g以上です。
ところが、その摂取量に達していないのが現状です。
野菜やサラダをとったから、食物繊維はとれていると、自分自身で思っているに過ぎないと思います。
少しでも、野菜をとったら、充分に食物繊維をとったような気分になっているのが現状だと思います。
食物繊維は、葉野菜よりも根野菜に多く含まれています。
肉や魚を中心より、食物繊維の多い食材を中心に、替えた方がいいかもしれません。
現在は、欧米型の食生活が中心になっていると思いますが、やっぱり日本人は日本人に合う食生活が一番いいと思います。
いゃー、漬物にみそ汁、それに魚の干物、いいですね。
レモン水(デドックスウォーター)
現在、便秘で悩んでいる方は、これを試されるといいと思います。
ちょっと、冷たーい500mlは、きついかもしれませんが・・・
それは、レモン水(デドックスウォーター)です。
これを飲むと、2時間後に出る方もいるようですが、人によって個人差があるようです。
下記が、その材料です。
  冷たい水  :500ml
  ヒマラヤ岩塩:小さじ1杯
  レモン果汁 :1個分(約30ml)
出来上がったら30分以内に、飲むようにしてください。
(味が濃くて飲めない場合は、量を調整してください。)
便秘は、持って生まれたものでは、ありませんし、
便秘の悩みは、解消できるし、改善できます。
例えば、道路を工事していて、渋滞になっているようなもので、工事が終われば、スムーズに流れるようになります。
それとか、毎回、赤信号で走行がスムーズにいかなくても、食べ物や食べ方を替えたり、運動をするだけで、赤信号から青信号に変わったりするものだと思います。

   スポンサーリンク

書籍のご紹介

その便秘治せます! ――女医が教える

テレビ、雑誌など各メディアで活躍中の山田麻子先生が教える美腸=美肌美人のススメ。薬いらずの生活へ、みるみる便秘が解消。うんち手帳付き。
その便秘治せます! ――女医が教える

2週間で腸が若返る! 美腸ダイエット

人気便秘外来の美女医考案のスーパーダイエットを初公開!美腸ダイエットとは、野菜と果物を組み合わせたヨーグルトスムージーを2週間続けるだけの簡単ダイエット。
2週間で腸が若返る! 美腸ダイエット


  

ページ上に戻る

クレジットカ—ド 安全性