髪イメージ

髪の毛、あれこれマメ知識

女性に多い「びまん性脱毛症」
最近、髪のボリュームがなくなったと、お感じではないですか?
女性は男性と違い、髪全体が薄くなる傾向があります。
女性ホルモンの減少が一番の要因です。
髪の状態はホルモンのバランスに、大きく起因しています。
男性と女性では薄毛の状態が異なり、男性ホルモンの多い男性は、M型脱毛症、O型脱毛症、M型とO型をプラスした複合型の脱毛症があります。
そして、男性ホルモンの少ない女性は、全体的にボリュームのなくなる薄毛になる傾向があるようです。
通常であれば、ひとつの毛穴から、3本髪の毛が出ますが、それが2本や1本に減ったり、髪の毛の太さが細くなったりします。男性のように髪の毛が抜け落ちて、肌が露出することはないようです。
性ホルモンは、男女とも両方のホルモンを持ち合わせています。
比率は、女性の場合の男性ホルモンは、男性の10分の1の男性ホルモンを持ち、男性は、女性ホルモンを女性の2分の1の女性ホルモンを持っています。
女性ホルモンの減少の原因は、更年期と若い女性に増えているプチ更年期です。
ストレスや過度のダイエット、生活習慣の乱れでホルモンバランスに影響が出てきます。
女性ホルモンのなかのエストロゲンの減少で、髪の毛に影響が現れます。
その他、薄毛の原因に頭皮のダメージ、毛細血管の血液循環の乱れがあります。
間違ったヘアケアにより、頭皮にダメージを与えている場合もあります。
薄毛で悩みの方は、生活習慣の改善と、正しいヘアケアの見直しが、必要になります。

   スポンサーリンク

  

ページ上に戻る

クレジットカ—ド 安全性